こんにちは、【日経225COM】の金子です。

本日、当地は10月並みの気温らしいです(^^;

さて、昨夜のアメリカはまちまちでした。

まずは、寄り付き前の<フォローアップボード>からの抜粋です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【朝のコメント】

■昨日の後場

・小動きながら5日線の攻防がありました。
 午後2時に(~以下省略)

■ナイトセッション

・9日線上推移の状態でしたが、
 5日線下推移で陰線終値2日目となれば、
 さすがに買いは控えたほうがいいでしょう。

■本日の戦略

・今日も複雑ですよ。(^_^;)
 5日線が下向きを開始して陰線終値2日間続きましたから、
 調整あるいは目先下落トレンドの可能性が高いです。

・一方、昨日ナイトに*****という状態です。
 まだ、買い狙いなら***買いで今朝を迎えるという選択もあります。

・5日線下推移→売り有利
 ***日線上推移→買い有利
 という売り買いありの背景に
 小動き相場が加わって一層難しいでしょう。(^_^;)

・売りに的を絞る場合の注意点は、
 「売りは買いの逆ではない!」ということです。
 買い相場のように定番***売りはほとんど出現しないです。
 かなり値動きのよい相場でないと無理です。
 同様にV時の戻り売りも小動きでは分かりにくいです。

・ではどうしたらいいのか?

 1、中期長期で上昇トレンド判定の間は売りは一切無視する。
   (何日か我慢すればスグに買いの場面がやってくる。
    場合によっては日足の突っ込み買いすら可能)

 2、マニュアル通り高いところは積極的に売っていく
   (値動きのいい相場、出来高の多い相場なら
    ラインとレンジをみながらが引きつけて
    さっと売ってしまえばいいが小動き相場は難しい)

 大まかにはこの2つの選択肢でしょう。

 売りはただでさえ難しいです。
 感覚も含めて高いところを売っていかないと、
 安値圏では戻りに遭遇してしまいます。
 ましてや小動き相場です。
 ジリ安となればかなりの難易度でしょう。

・休む勇気のある人は下げきるところまで待って
 日足の押し目買いのロングホールド狙いか、
 再度満場一致の買い状態になるまで待ったほうがいいでしょう。

・「上手くなりたいから売りも練習する」
 という方も多いでしょうがこの小動き相場では難しいです。
 
・長くなりましたが、
 以上を踏まえてどうしても売りをするというならば(~以下省略)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということでした。

昨日の午後は「インタビュー」を収録したあと、
編集作業をしていたら買いパターンになったので買いました。

+20はすぐに取れましたが、
引けでも5日線に戻れなかったので引け成り(+5)で終了。

ナイトは特にチャンス無しでした。

そして今朝ですが、5日線はもちろん、
当サイトで重視しているラインも割りこんできましたね。

まあ売りは渋々ながらですがやってみましたよ(^^;

・485売り⇒+20、+40、+60、残りホールド

正直、下には25日線や窓(360どころ)があるので、
そう大きな下値は見ていませんが、
高値抜けロスカットでも負けないので放置します。

出来高が少ないので、
ドラスティックな値動きは期待するだけ無駄でしょうね(汗)。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
今日の【無料動画】はこちら

>>> 「売りと買いの違いとは」



↓動画をご覧になる前に、
それぞれ1回ずつの応援クリックお願いします。 
(私の無料動画作成意欲に大きく影響しますので。笑) 
  
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング