こんにちは、レスキュー225の金子です。

観測史上初めてという、東京の積雪に驚きましたね(^^

281125.jpg

さて、寄り付き前の<フォローアップボード>では、こんな感じ↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【朝のコメント】

■本日の方針

 今日もチャンスはないでしょう。(^^;)

 今後の注意点は、

 ・騰落レシオ(25日)
 ・**********率
 ・*******率

 などです。

 ・騰落レシオ(25日)は130~160%で警戒
 ・*******率は*******%くらいで警戒
 ・*******率は***%くらいで警戒

 騰落レシオはオシレーターなので、
 過熱感を表していますが、
 「キンキンに熱くなったものは簡単に冷めない」
 という見方も出来ます。

 (~中略~)
 
 あとは、年末に向けて「掉尾の一振」があるかどうかですね。
 
 毎年12月に私がコメントしているのは、

 「12月からバタバタ儲けようとする人は負け組」

 です。(^^;)

 もちろん、チャンスがあれば狙って行きますが、
 12分の11が終了していますから、
 今年の収支は概ね決まっているはずです。

 大きな流れを振り返ると、

 1、2月は暴落激動相場で目先売りと突っ込み買いで
 年初にいきなり大きなチャンスがありました。

 その反動は大きかったですね。
 2月後半から7月までは週足保ち合いで
 売り買いのトレンドが交錯しました。

 8月からは週足で下げ止まり傾向が強くなり、
 10月からは上昇トレンドへ転じました。

 分かりやすい稼ぎ時は、1、2月と10月から最近まで
 だけだったと思います。

 年初からアベノミクス相場一服の可能性を
 強く警戒していたので、
 甘い買い目線でやられることもありませんでした。

 保ち合いは「凌ぐ時期」ですから、
 負け越さなければ満点です。

 我慢の後には、上昇トレンドのご褒美が待っていましたね。
 おそらく10月、11月は買いで結構儲かったでしょう。

 今年の相場に限らずどんな相場でも言えることは、
 「相場の流れに乗れればトレードは難しくない。」
 ということですね。

 だから流れが出ていない時=保ち合いは儲けが少ないですし、
 目線が「どうせこんなもんだろう!」と思いますから、
 逆張り意識が強くなります。
 あまりにも保ち合い相場対応が強すぎると、
 トレンド相場で逆張りの連続で大損をします。

 トレンドに上手く乗ること、カンタンなトレードだけ
 やることが、これが儲けのコツだと思います。

 (~以下省略)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ということでした。

私は、960買いの一部を+500で確定、
今回はまだ残りをホールドしてます(^^)

基本的な相場の見方は、上にも長々と書きましたので、
今日は“新ネタ”を。


今回、インタビューをさらに追加しました(^^v

比較的新しい方をピックアップして、
短期間で成功への道筋ができた秘訣を聞いてみることにしました。

タイトルは『新人さん、いらっしゃい!』(笑)

記念すべき一人目は、65歳の新人「トミーさん」です。

ちなみに昨日届いた報告メールがコレです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
=============================
2016年11月18日トレードメール

名前: トミー

買 6枚 ミニ 

18010 → 18070  +60円 × 2枚 合計 12,000円
    → 18080  +70円 × 1枚 合計 7,000円
    → 18110  +100円 × 1枚 合計 10,000円
    → 18210  +200円 × 1枚 合計 20,000円
    → 18400  +390円 × 1枚 合計 39,000円


                  合計+88,000円
=============================


もちろん、まだ練習売買中。
なので、ミニ4~6枚で勉強中です。

それでも今月だけですでに40万円オーバー、
トレード回数はわずか5回で負け無しです。


今日の無料動画でもご紹介してます。

今すぐコチラからどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


>>> 「ここで今年1年を振り返る意味」


↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング


無料動画解説(青)

※動画はIE11でご覧ください。GoogleChoremeやFireFoxでもご覧になれます。

※スマホでの動画閲覧は機種やスペックが多様な為各自で対応してください。

■公式サイトはこちら