こんにちは、レスキュー225の金子です。

今日はちょっと趣向を変えて・・・、
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■今年一年を振り返ってみましょう。

・今年も結局のところ年初来高値更新、
 極論ですが「買い」に絞っても口座の残高は増えたと思います。

・では「売り」がダメだった1年かというと、
 そうでもなくて、前半の「暴落相場」ではチャンスが多かったですね。
 素直に売っても良し、突っ込み買い基準で買っても大勝利という、
 年明けから意外なほどチャンスの多い前半でした。

・その後の15000から17000の日足保ち合いゾーンは、
さすがに長めの調整となりましたね。
 大きく動いたあとは当然の動きなので、
 ここで頑張り過ぎないことが肝要でした。

 ただ、大きめの保ち合いだったので、チャンスもありました。
 売り買いの「定番」を学ぶ(実践する)には良かったようです(^^)

・8月の後半からは、私は「週足が上昇転換しそうだ」と
 何度か話していました。
 もちろん“秋の急落”は念頭に入れつつも、
 「売りは不利、買いに絞ったほうがよい」というイメージです。
 
 しかし、前半の暴落が脳裏に焼き付いていた方は、
 なかなか切り替えられなかったはずです。

・保ち合いゾーンから抜けてからは「完全に買い背景」として、
 買いチャンスだけをとらえていけば良かったですね。
 
 とくに「ブレグジット」、そして「トランプ勝利」では、
 買いに的を絞っていれば、大きな利益になったでしょう。
 この上昇トレンドも前半の暴落のイメージがあると、
 戻り売り警戒で乗り切れなくなってしまいます。

・今年も色々な方にアドバイスをしてきましたが、
 共通して言えることは、

 「相場のリズムを的確に読み解く力」=「儲かる力」

 でしょう。

 買いが有利な時には買いで取る
 売りが有利な時は売りで取る
 保ち合いの時は深追いをしない

 など当り前のことをしていれば、相場が味方をしてくれます。
 援軍がどこからかやってきてトレードが簡単になります。

 相場のリズムに合っていないトレードをすると、
 今年の前半に買いで捕まり、保ち合いで順張り系でヤラレて、
 後半の上昇トレンドで売りをして、年末の上昇を見逃す・・・、
 など「間の悪いトレード」ばかりをしてしまいます。

・初心者の人は自分の勉強のペースを相場に合わせないことです。
 買いトレンドをひとしきり勉強して、
 「よし、実戦だ!」と思った時には、相場は保ち合いになるか、
 反転してしまいます。悲しいですがこれが現実です。

 このパターンにならないようにするには、
 最初から引いた目線を強く意識して下さい。
 そして、ある程度勉強をしたら経費を計上して、
 ある意味“早め”にトレードをしてください。
 *初動を意識するということ

 そうすれば、実際に相場を体験しながら色々学ぶことが出来ます。
 来年に向けてしっかりと準備をしておきましょう。


 ⇒ 本日の「無料動画」では、
   1年間のチャートを見ながらさらに詳しく解説します。
  
   来年へのイメージもキッチリできると思いますよ(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


>>> 「来年こそ後手に回らないために!」

↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング


無料動画解説(青)

※動画はIE11でご覧ください。GoogleChoremeやFireFoxでもご覧になれます。

※スマホでの動画閲覧は機種やスペックが多様な為各自で対応してください。

■公式サイトはこちら