こんにちは、レスキュー225の金子です。

290413.jpg

だいぶ世界情勢がキナ臭い感じですね~。

さて、寄り付き前の<フォローアップボード>では、こんな感じ↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【朝のコメント】

■ナイトセッション

 戻り待ちでしたね。
 分かりやすいところは、***、30分***などでしたが、
 そこまでは戻りませんでした。

 戻りや押しが浅い時の目途は、30分または60分の***です。
 いわゆる「***定番」です。
 トレンドが強い時の定番と思ってください。

 (~中略~)。

 一昨日のナイトはトレンド方向へのトリガーとして***を使い、
 昨日は戻ったと判断して売り目線です。

 ・戻りギャップ
 ・60分******から陰線確定
 ・60分***(30分は******)
 ・580割れ売り
 ・ロスカットは最初は620抜け、下ブレイクしてからは600抜け

 私はちょっとゴルフクラブをいじっていたので、
 売るのが遅れてしましました。(^^;)

 565売りで+80円まで確定済です。
 残りは朝のまとまった売りで確定チャンスがあるでしょう。


■今日の方針

 ナイトに戻りがあってからの下落で、
 最安値圏を迎えます。

 今日も売りのことだけ考えればいいのですが、
 原則的には戻り待ちなのです。(^^;)

 昨日は続落を売って取れましたが、
 確率論的には非常に勝率の低いトレードです。
 下落トレンドが強くなってきたので、
 集中的に追撃売りも勝てるかも知れませんが、
 通年で見たらひどい勝率です。

 では、やってはいけないのか?
 ということになりますが、
 (~中略~)。
 という条件を付けたいですね。

 要するに、急激な値動きに思わず反応をして、
 あとから色々理由を付けるトレードばかりしていたらダメです。

 戻りがあれば売り狙い、を基本としておきます。


■アドバイス

 3月までの保ち合い相場への対応力アップで、
 SRRやトレンドラインを活用してきました。

 基本中の基本であるトレンドラインを取り入れることで、
 戻りの目途やトレンドの強さをイメージしやすくなります。

 トレンドが強くなると、買いでは押し目が浅くジリ高、
 売りでは戻りが弱くジリ安になります。
 売り相場では戻りが多いですから、
 戻りを徹底的に売ると決めたら、
 何度も何度もトレードチャンスがありますね。

 ちょっと視点を変えるだけで大きくトレードが変わります。

 買いを我慢するのが精一杯の人もいるでしょうが、
 まずはそこからスタートかも知れませんね。(^^;)
 私は買いの事など一切考えていません。
 それくらいトレンド目線を強めないと実際には売れませんからね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ということで、
ナイトで一昨日同様に、シンプルな戻り売りです。

・565売り⇒+20、+40、+60、+80、+155、+200(終了)


今朝は早々に手ぶらになりましたので、
戻りがあればもう一度と見ていましたがノートレード。
(*積極策としては「380売り」がありました)

午前中はもう難しそうなので、いったん帰宅でしょうね^^


さて今日の無料動画ですが、
やっぱりみなさん「買い」が好きみたいなので、
「売り」のちょっとしたコツ、ヒントを話します。

別に無理に売りをやる必要もないのですが、
売りの視点があるだけで“不用意な買い”で
大きな損失になるリスクを避けられるのです(^^)

ワンヒント、どうぞ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
下記の無料ブログにアクセスしてご覧くださいね。


>>> 「売りのワンヒント、●●チャートに変換すると?」


↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング


無料動画解説(青)



----------------------------------------------------------------------
セルフトレードチェック

「自己分析」は、トレード手法よりも重要です。
 相場の分析の前に“自分を分析する”ことで結果は大きく変わります。
 
 *知識偏重タイプの特長
 「どこかに必勝法があるはずだ」と本や教材でひたすら勉強して、
  エクセルなどで過去データ分析をするのもこのタイプです。

 このタイプが犯しやすいミスとは・・・、

 >>> 答えは『225戦略動画講座(旧 E-Book)』でどうぞ

----------------------------------------------------------------------