こんにちは、レスキュー225の金子です。

290508.jpg

連休中に、登山にチャレンジしました(^^)

さて、寄り付き前の<フォローアップボード>では、こんな感じ↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【朝のコメント】

■背景の確認

・週足、月足は保ち合い
・日足は*******上推移で買い有利
・日足**********中


■本日の方針

CMEの終値通りなら直近高値19680をギャップで抜いて寄り付きます。
節目をギャップで抜けて寄り付いた場合は、
売り方のロスカットなどで上の流れが強くなりやすいです。

19160~19330の3日間でスピード調整が終わったと見ていいでしょう。
問題は******ゾーンに向かってどこまで上値があるかです。

ギャップアップで高く寄り付いた場合は、
*****などの押し目買いはあり得ませんから、
状況を見ながら押し目買い目線です。

ただし、それなりのギャップアップになれば、
利食い売りが出てさっと100~200円下げることもあります。
下げたら押し目買いチャンスになるのですが、
いざ下げの現場に直面すると付和雷同的に売りたくなります。(^^;)
日中は下げる可能性もありますから、
デイトレーダーとしては、うずうずしてくるはずです。

迂闊に安値を追ったら、押し目買いに遭遇して
40~70円くらいのロスカットは
一瞬で喰らいますので注意してください。

誤解の無いように箇条書きでまとめておきます。

1、原則は買い
2、ザラ場には*****はまず無いので押し目買い待ち
3、ギャップアップと値位置次第では売りが出る可能性もある
4、付和雷同的に安値は追わない
5、高いところで買いが出切ったと判断したら逆張り売りもあり

こんな感じですかね。

寄り付き自体もCMEの終値付近とは限りませんので、
過度な決めつけは禁物です。

確かなことは、高く寄り付いた場合は、
各種分足の*****は遥か下にあるので、
*****にした押し目買いは随分と先になるということです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


本日も「買い背景」継続中。

ただ、ここまで一気に来てしまうと
さすがに手が出せませんね(^^;

あわてず気長にチャンスを待ちます。


今日の無料動画は「2種類の価格調整」についてです。

“押し目待ち、戻り待ち”と言いますが、
おおまかに2つのパターンに大別できます。

知ってしまえばどうということも無いのですが、
初級者だと意外に整理できていないケースが多いようです。

参考にしてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


>>> 「押し目待ちと戻り売りのパターン」


↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング


無料動画解説(青)