おはようございます。

日本時間午後8時からのアメリカ中間選挙を控えて、

さすがに様子見ムードが強くなるでしょう。

すでに昨日からレンジ(保ち合い)を形成していましたね。

レンジ形成時は、トレンド目線を打ち消して、

逆張り目線にするのがコツです。

1分、5分など短い足でトレンドが発生することはありますが、

「レンジ上限下限まで」という目測をして、

的確に利食いをしましょう。

最初は「トレンド目線を消す」だけで十分でしょう。

もっとも当サイトは、「〇〇の高値抜けは強い、〇〇の割れは弱い」

という大きなブレイクアウトで仕掛けることは、

普段からやりませんので、レンジでの順張り被害はほとんどありません。

週足、日足、分足、どれかの時間軸では必ずと言っていいほど、

レンジ形成をしていることも忘れないようにしましょう。


■本日の方針

2時間足ではゆるやかに上昇トレンドが継続していますが、

同時にレンジ傾向でもあります。

トレンドラインも平均線同様に、

レンジになったら、消すか強く見ないほうが良いでしょう。

昨日のザラ場からナイトの安いところ(サポートゾーン)の買いが理想です。

緩やかに継続している上昇トレンドにも乗っていることになりますしね。

レンジ相場攻略のコツは、逆張り目線なんですが、

具体的には、

・どのサポートが強いか

・どのレジスタンスが強いか

・どこに出来高が集中しているか(ローソク足が重なっているゾーン)

をチェックすれば良いです。

まずは寄り付き前の「2時間足イメージチャート」で
トレンドとレンジの両方をチェックしてください。

301106.jpg


■昨日ザラ場の振り返り

60分、120分などは上方向の可能性がありましたが、

結局レンジとなりました。

レンジと判断したら、「平均線は消す」くらいの覚悟が必要です。

あるいは、「平均線が横を向いたら、もうトレンドが発生していませんよ。」

というシグナルと捉えましょう。

また、「ヨコヨコからの上下抜け」「保ち合い上下抜け」などを

エントリーのポイントにする方も多いですが、

当サイトは原則やりません。(^^;)

ブレイク失敗のリスクの方が大きいからです。

ブレイクが成功してトレンドが発生するなら、

その後に********で入れば良い、と思いましょう。


■昨日ナイトの振り返り

ナイトは***上推移中なので、

****したら****買いでエントリーできましたね。

まずは、このようにカンタンな方法で仕掛けのイメージをしてください。

慣れてくると、定番買いは判定基準の一つとなります。

(~中略~)

もちろん、利食いはザラ場高値22050手前までに完了です。


■私の判断と行動

・緩やかには上という判断でザラ場は買ったが

レンジ形成になり勝ち切れなかった。

・ナイトは緩やかには上という判定はそのままで、

レンジ下限サポートからの****を確認してからの

930買いで+100円まで取って終了。

↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング