おはようございます。

【日足分析コメント】

昨日までの日足分析は

・日足下落の大きな半値戻しを概ね達成

・上には各種レジスタンス

・日足陽線新値4本

・20790安値から約2000円の上昇

・などから、二番底を探りに行く可能性大

でしたね。

やはり、20790→22580の半値押しと節目の500から

二番底狙いの買いが入ってきました。

ここまでの準備で、ゆるデイトレ買いの背景が揃ったことになります。
(***線だけに頼っていたら背景の特定が甘くなるので注意)

あとは、定番買いが決まったら直買い、

15分足以上の***を確認して買い、

このどちらかでしょう。

「定番はロスカットが大きい」と決めつけがちですが、

検証表をじっくりと見れば15分足のデイトレと大差ない時もあります。

ロスカットが小さい定番は反転の意思表明が弱いので、

優位性が低いことも多いのですが、

ただ単にロスカットの大きさだけに目を奪われて、

再現性、優位性、収益率の3拍子が揃った定番を利用しないのは勿体ないです。

昨日も、定番買いが決まった後の(~以下省略)。

寄りつきからの急落は取れたらいいですが、

フォーメーションを重視して再現性を追求するなら、

午後の買いのチャンスを待っていればいいでしょう。


■本日の方針

昨日の午後に二番底狙いの買いが入りましたが、

二番底確定と判定をするには、

11/13ナイト込日足高値22260を抜いてこないといけません。

いわゆる「日足レベルの追認の買い」ですね。

今日は上抜けをしないで、再度下値を(~以下省略)。

昨日のザラ場に、下に行ってからの上なので、、

「行って来いのレンジ」とみるのが無難でしょう。


■昨日ザラ場からナイトの振り返り

ザラ場の初動は売りですが、取れたらラッキー程度でいいでしょう。

「下げたら取りたい」という思いが強いと、

・急落は対応出来ないことが多いので、高いところは売りを常に考えるようになり、

順張りの買い目線が無くなる(高いところを売って負ける)。

・まとまった売りが入ったら、「あっ、来た!」とばかりに、

たいして良いチャンスでなくても条件反射的に売ってしまう。

・短時間の利食いの快感に慣れてしまい、じっくり待つ買いが出来なくなる。

という典型的な、売り好きなのに売りでは儲からず買いも出来ないという

トレーダーになりがちなので注意しましょう。

前場は売り、後場は定番の買い、

そしてナイトも押し目買いで良かったでしょう。


■私の判断と行動

・動画解説通り、500ゾーンでCFDの買い

・その後は定番買いを確認して、15分足の安値切り上がりで買い。

・580買いで+200円まで確定して終了

301114.jpg


↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング