おはようございます。

2日で1000円の急落で、さすがに昨日は反発。

繰り返しになりますが、「ゴルディロックス相場」の

イメージを取り払う必要がありますね。

ゴルディロックス相場では、

本来なら売りが出てもおかしくない場面でも、

おかまいなしに上昇していました。

ですから、とにかく買い強気で良かったですし、

買い玉で粘っていればどうにかなりました。

これからはノーマルモードで分析する必要があるでしょう。

買いはもうダメという意味ではなく、

リスク管理をしながら丁寧に買って適時利食いをするということです。

また、スイングの売りも以前よりはやりやすくなりました。
(高いところでは大きめの売りが出るようになった)


デイトレの注意点としては、

「人口知能の普及による高速化・法則化」ですね。

以前よりも、局面での値動きが格段に速くなり、

値動きに規則性が高まりました。

対応策はDT(ディープテクニカル)でバッチリだと思います。

1分足から日足までで、自分(の生活)に合う時間枠を見つけてください。

高速化が苦手な方は、時間枠を大きくして対応しましょう。

寄り付きからの速い値動きにも対応したい方は、

多くのチャートを監視しながら、

寄り付きから1時間くらいは集中力を高めましょう。


■本日の方針

日足チャートを見る限りでは、レンジ傾向も見えてきました。
(上下ブレイク失敗でレンジ中央に戻ってきたという判断)

安値も切り上がり、高値の更新もありましたので、

昨日のナイト込日足高値22180を抜いてくれば、

上昇トレンド継続への望みを繋げることが出来ます。

そして次のノルマは日足ダブルトップ22710抜けとなりますが、

ここはそれなりのハードルがあると見ていいでしょう。
(時間経過か好材料が必要)


スイングトレードの理想は、

日足右上がりのトレンドライン付近まで引き付けてからの買いですが、

それが必ずあるとは限りません。

日足陰線2本を見て****から買いも一策となります。

1000円の急落が無ければ、

日足陰線1~3本を待つ上昇中の押し目買いのイメージでしたが、

状況は変わりましたので次善の策も検討しないといけませんね。


スイングトレードをする場合は、

CFDの10分の1レバレッジ(ミニの1/10)を強く推奨します。

ここ一番だけを待ち過ぎるとトレード機会が激減してしまいますし、

対応力も身に付きません。

10分の1レバレッジならば気軽に買い下がることもできますし、

ダメだと思ったら、まとめてロスカットも出来ますよね。


デイトレはDT(ディープテクニカル)で、

売り買いアリで現場対応となります。

*****Cの三段上げを達成後にセオリー通りレンジになっていますので、

昨日ほどダイナミックな値動きは期待できそうもありません。

レンジ下限を割って戻したところは買いの狙い目で、

戻らないあるいは戻り失敗は売り検討となります。
(※原則現場対応、過度の決めつけは禁物)


■昨日ザラ場からナイトの振り返り

前場は続落の流れが失敗しての反転開始となりました。

後場は22000大台と朝のイメージチャートのレジスタンスで停止しました。

ナイトはアメリカがお休みですから、さすがにノートレードですね。


■私の判断・行動

・ザラ場の買いのみ(ホールド対応)

↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

301206-1.jpg

301206-2.jpg