おはようございます。


昨日はザラ場に、日足の戻り目途であるA=Bをほぼ達成しました。

「ほぼ」というところが微妙ですね。(^^;)

500も抜けず、12/21の戻り高値480にも10円足りませんでした。

さて、どのように判断したら良いのでしょうか。

オーバーシュート(行き過ぎ)の反対で

アンダーシュート(手前で切り返す)もあります。

絶対的な正解はありませんので、

具体的に戦略別に振り返ってみましょう。


1、定番売りを待っていた人

(~省略~)

2、定番売りを待ちつつ、ディープ定番売りを待っていた人

良いパターンのR売りが出たらもちろん参加、

微妙な場合やダブルトップなどの場合は、

一番列車を確認してからの***を確認しての売りでした。

このパターンであれば、ナイトに売りのチャンスはありました。

(~省略~)


■私の判断と行動

・売り×2回

・1回目は15分足の切り下がりダブルトップ20410割れの20405売り

+40円まで確定後サポートゾーンで強く反発したので残りは同値。

・2回目は30分足の切り下がりダブルトップ20410割れの20405売り。

今度は30分足で入ったので、その後の推移も30分足で見守る。

+200円まで確定済で残りはホールド中。
(※深夜に買いの定番。監視していたら残りも手仕舞い。)


■本日の方針

上げ止まり目途からの下落は一旦終了でしょうね。

2時間足レベルでは「上昇トレンド終了後のレンジ」と見ています。

強度は弱いですが、***に定番売り、

深夜に定番買いが決まっていますので、

今日は、ゆるデイトレ的な分かりやすいチャンスは、

早い時間にはないでしょう。

短い分足のデイトレでチャンスから検討します。


↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

310110.jpg