おはようございます。

昨日は21000大台を目前にして利食い売りが先行しました。

今までのように、もっと下値を試してくれれば、

売って良し、その後の反転で買って良しとなりましたが、

上昇トレンド中は値動きが落ち着きがちです。

アメリカ市場がお休みというのも大きかったでしょう。
(シカゴCMEが休みだと全く動かない)

今日も大まかには買い方針でいいと思います。

値動きが落ち着いてくると「こんなところだろう」という

プラン二ングもボチボチ有効になります。

いわゆる「サポート&レジスタンストレード」です。

ただ、あまり動かないという前提でのプランニングですから、

仕掛けも手仕舞いも早くなります。

動きがある程度読める相場の間はいいですが、

昨年12月から年初までの激動相場では、

「こんなところだろう」というトレードは損失ばかり多くて、

たまに勝っても利益は僅かなものとなります。

相場背景に合わせるのが理想ですから、

値動きが低下してきたら「サポート&レジスタンス」を

強く見たトレードが増えてくるとは思いますが、

それでも、行き過ぎや売り買い***の仕掛けのほうが、

動いて儲かる相場でも収益率が高いので、

そういったチャンスは捉えて行きたいですね。


■昨日の振り返り

ザラ場からナイトは30分足レベルでのサポートゾーンで止まりました。

止まったのはいいのですが、アメリカが休みということもあり、

上値は試しませんでした。(^^;)

ザラ場安値を(~以下省略)。


■私の行動

・ザラ場の30分足の下げ止まりゾーンでは買い反応。

30分足の下げ止まりを確認して730買いで+40円まで確定、

残りは一つ上の時間枠でホールドを試みたが、

時間足十字足の安値710割れでロスカット。

・ナイトは*******が無かった。


■本日の方針

一旦下に振ってくれれば、定番買いや、

20180→20930の半値押し水準550前後までの押し目など、

狙い易くはなりますが、値動きが小さければそれは無いでしょう。(^^;)

昨日のサポートゾーンが引き続き有効と想定すると、

狭い上値を狙う難しいトレードになります。

値動き低下に伴い「サポート&レジスタンス」が優位性を増してきますが、

収益率は低いですし、よく動く儲かる相場での対応力は低いです。

私の考えは、激動相場では出来るだけたくさん稼いで、

レンジ相場では凌ぐイメージです。

初心者の人は、レンジで元気になり、激動相場では冬眠してしまいます。

最初は仕方ありませんが、動いた時に取れるトレーダーを目指してください。

レンジ相場でも、待てば良いチャンスはやって来ますので、

その時にはキッチリと捉える意識だけは忘れないでくださいね。
↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

310122.jpg