おはようございます。


昨日は「日足右上がりのトレンドライン」が意識された買いが入りました。

「***後のギャップアップ(下方ウエッジ)からの切り返し」
は覚えておきましょう。

日足チャネル下限で下げ止まったので、

上昇トレンド維持と判断していいのですが、

トレンドにはノルマがあります。

日足で高値と終値を更新しないとレンジ傾向が強くなります。

日足が数本横並びになってきたら「日足レンジ警戒」です。
(*分足も同様)

上昇トレンド継続だとしても、

日足のチャネルに沿ってジリジリ上昇していく可能性が高いです。
(※来週の材料次第)


■昨日ナイトの振り返り

ナイトは分かりやすかったと思います。

寄りつき位置が、ザラ場のようにブレることが少ないので、

イメージしやすいですね。

ただ、ザラ場ほど値動きが速くないので、

利食いまでに時間がかかることも多いです。

もっとも慣れてしまえば、

少しの躊躇で置いて行かれるザラ場よりもトレードしやすいです。

・日足チャネル下限で下げ止まり買いの流れ継続
・上昇に対しての半値押しとサポートゾーンが重なり切り返す

もちろん、上にはレジスタンスゾーンが待っていましたから、
高いところを買わないようにして適時利食いです。

ゆるデイトレ的にも買いの条件を満たしていました。

・日足右上がりのトレンドラインが意識で上昇

・その後の半値押し狙いの買い

・15分~30分足トリガーで買い
※5、9日線のトレンド判定だけにとらわれず、
日足のDT(ディープテクニカル)分析をして、
トレンド判定をすると、チャンスが増える。


■私の判断・行動

・ザラ場の515買いは+100円まで確定をして、

2時間足右下がりトレンドライン上抜け失敗を見て600で手仕舞い

・ナイトは15分、30分で下げ止まりをみて530買い、

+100円まで確定、残りは490割れでロスカット。


■本日の方針

ナイト***に定番売りが決まりました。

ゆるデイトレ的判定では****なので見送りです。

その後*******買いも決まって戻ってきました。

こちらは決まり方が良ければアリです。


DT(ディープテクニカル)ではトレンドラインや

各種時間枠で上下**、値幅計算を使っての売り買いはアリとなります。

来週の大きな材料(ブレグジット、アップルの決算)なども控えて、

一足先に日足レンジを警戒しても良いでしょう。

以前は、日足が数本横並びをしてからレンジ判定をしていましたが、

2時間足のレンジ判定から、やがて日足がレンジになることもあります。

デイトレ的には売り買い適時確定がいいでしょうね。

日足のトレンドを売り買いどちらかに絞るなら、

買いになるでしょうが、レンジも警戒すると、

安いところの買いがいいでしょう。

↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

310124.jpg