おはようございます。


ジリ高相場が続いています。

今日のテーマは「ジリ高相場対応法」です。

激動相場やトレンド相場に比べたら収益率は低いですが、

日経先物だけでトレードをするのであれば、

“ジリ高相場は休み”と見送る訳にもいきませんね。

一番の対応法は「バイ&ホールド」であることは言うまでもありません。

昨晩のボードでご紹介した「みみんがさん」の売買がお手本です。

次の対応方法は、

「トレンド目線を消して、ラインを強く見て早く反応する」

ことでしょう。

止まりそうなところは、日々のイメージチャートの

サポートゾーン、レジスタンスゾーンで想定が出来ます。

もちろん日足高安値もチェックします。

あと***を最終トリガーで仕掛けて的確に利食いします。

注意点は、

・徹底的にトレンド目線を消すこと(例:***も消去)
・想定レジスタンス(サポート)で*****に仕掛ける
・大幅利食いを夢見ない
・値動きが良くなってきたら****を切り替える

*トレンドが発生した場合

↓↓↓↓↓↓↓↓

(~中略~)

などです。

実は(~以下省略)。


■昨日の振り返り

ザラ場にボードで解説した下げ止まりの可能性ところで買いが入りましたね。
(9:30までの下げ止まりからの上昇)

後場はイメージチャートのサポートゾーンから切り返しました。

ナイトは、ザラ場の急上昇→後場の急落をみて、

「行って来いのレンジ」と想定しての逆張りです。


■私の行動・判断

・ザラ場はバイアンドホールドの玉の+400円のみ

・ナイトは+30円の小幅確定トレード


■本日の方針

昨晩は縦の動きが出ていませんのでレンジ警戒となります。

ただし、レンジが一定期間以上継続すると、

一旦のブレイクの可能性が高まってきますので注意です。

ジリ高ということを考えると、

止まったところの買いトライが無難でしょうかね。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

310221.jpg