おはようございます。


アメリカが大きく下げましたね。

週明けということもありますので、

日足、週足チャートをチェックしましょう。


【先週まで分析と戦略】

・当サイトの上値予測は達成してオーバーシュートの範疇

・過度な上値を期待しない

・日足の天井当ての売りもしない(1回ではまず当たらない)

・日足は上昇トレンドまたはレンジとみて、

2時間足レベルのサポート&レジスタンスをみながら、

上げ止まり、下げ止まりからの反転狙い。


【今週の分析と戦略】

日経とNYダウ先物(週足)のチャートで分析してみました。

(*チャート図挿入)

日経はダウ先と違って上値を試しませんでしたから、

明確な天井の型が見えにくい状態ですが、

日足高値を切り下げ、二番天井形成となりそうです。

2種類の右上がりのトレンドラインを引く事ができますので、

まだ首の皮一枚で日足レンジ相場の範疇とも言えます。

ただし、アメリカ親分が続落して下値を試せば、

日経も当然のことながら下がるでしょう。

材料的には配当狙いの買いが明日まで入る可能性がありますので、

安いところを追いかけるような売りはしないほうがいいでしょう。
(※配当狙いが絶対に勝つとは限らないので注意)

アノマリー的には切り下がり二番天井を抜く可能性は低くなりました。
(10連休を控えていることやセルinメイ)

スイングも含めて戻り売りは意識していく必要があるでしょう。


■金曜日の振り返り

ナイトは売りで良かったと思います。

ザラ場から売りが出ていましたが、

2時間足のサポートゾーンを素通りするという想定はしません。


まず、ナイト寄り付きからの2時間足陰線をみて、

買いを考えることは無かったと思います。

サポートゾーンで*******が出て、

下げ止まりの可能性もありましたが、

それを否定する下げ(***********)が発生、

220割れは売りポイントでした。

それ以降もやるなら売りで、買い検討する場面はありませんでした。


■私の判断・行動

・CFDの買い玉はロスカット

・210売りで+200円まで確定して終了


■本日の方針

現物は大幅ギャップダウンですから、

一旦下値を試す可能性はあるでしょうが、

そこは1分~5分足くらいを使っての短い分足のトレードで

機敏に対応するのばベターでしょう。

反発がいつ入っても不思議はありませんので、

おっかなびっくりの売りで日当が取れればラッキー

というイメージが無難なところです。


逆に下げ過ぎからの反発は、デイトレとしての買いチャンスになるでしょう。

2時間足レベルで明確な売りの流れが出ていますから、

様子を見すぎて高いところを飛びつくような買いは控えましょう。

縦の流れが強く出ていますから、

朝のシナリオは薄目で見る程度で、

DT(ディープテクニカル)対応で狙っていけると思います。

↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
 皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
 クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

310325-3.jpg