おはようございます。


日足レジスタンスゾーンと2時間足レンジ上限が効いて、

上値は限定的でしたが下げもしませんでした。

「レンジ相場」ですね。

レンジ相場ではサポートとレジスタンスを強く見ます。


「レンジ相場の特徴は、止まるところでは止まる」

ですから、慣れてしまえばあまり難しくはありません。

ただ、値動きが良くなると、止まるまでの距離が長くなり、

反転に時間がかかるようになります。

日経平均先物だけを取り引きするなら、

レンジ相場とトレンド相場の両方で稼ぐ必要があります。


レンジ対応しか出来ない人は、

トレンドが発生すると逆張りトレードをして負けます。

逆に、トレンド対応しか出来ない人は、

レンジ相場の先端を掴んで負けることになります。


毎日相場に接していると「慣れ」が発生してきます。

ずっと同じ相場が続けばいいのですがそうはいきません。

相場は必ず周期があり変化するのです。

どちらの相場でも対応できるように準備をしておきましょう。
(※特にデイトレーダーは)


■昨日の振り返り

キッチリとレンジ内の推移となりました。

ザラ場は強いレジスタンスが意識されて、

売り優勢でしたが、止まるところでは止まりました。

ナイトは、ザラ場に形成されたサポートゾーンが意識されて

止まったので、買いを検討することは可能でした。
(※横ばいに耐える放置力があれば)


■私の判断・行動

・ザラ場の売りのみで、ナイトはノートレード

■本日の方針

チャート的にはレンジ継続と見るのが普通です。

今晩、雇用統計を控えているので、さらにその傾向が強まります。

ただし、現在「米中通商会談」が進行中ですから、

「何が飛び出すか分からない」という状態です。


こういった大きな材料絡みの相場対応のコツは、

「いつも以上に良いところを待つ」ことでしょう。

レンジ相場では、出来るだけ引き付けてからの反転狙いがいいです。

あとは何か大きなアクションがあったら、

それからじっくりと検討することです。

何か先読みをして、「動く前に仕掛けておこう」

などということはしないほうがいいでしょう。

↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
 皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
 クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング