おはようございます。


【相場背景と戦略の確認】

明確に相場背景が変わるまでは下記の戦略でいいでしょう。


1、日足はジリ高またはレンジ判定

上昇しないなら下落する、という思い込みは持たない。

アメリカが崩れない限り日本も崩れない。

アメリカ上昇に対する日経連動は限定的。


2、10連休を控えて長期的なポジションを取りにくい


3、2時間足イメージチャートの、

サポート&レジスタンスをはじめとする、

横へのベクトル(力)を意識する。


4、具体的には、下げ止まりと上げ止まりへの反応を早くして、

反対サイドに到達するまでに利食い。


5、順張りはスペースの幅を見ながら慎重に



10連休明けには時期的にも動き始めると思いますが、

「レンジを制するものは日経を制する(*私の造語)」

という事実もあります。

よく動く相場は、デイトレからスイングまで

なにをやってもチャンスも利益も大きくなりますが、

それ以外の時期(=レンジ相場)も結構長いので、

しっかり利益を積み上げましょう。


2時間足のイメージチャートを参考に、

売り買いをするだけで十分な利益になるでしょう。

値動きが低下していることもあり、

レジスタンスで直売り、サポートで直買いという

状況にもなりつつあります。(^^;)

相手に合わせるのが相場ですから(~以下省略)。

動く相場になってもイメージチャートは有効です。

ただ、ゾーンとゾーンの間が広くなりますので、

そのスペースでの順張りトレードが目立ってくるようになります。


■昨日の振り返り

2時間足サポートゾーン下限で止まってから反転中です。

値動きが低下しているので、ゆっくり反転しています。(^^;)

サポートゾーンでの買いをじっくりとホールドか、

レジスタンスゾーンでの素早い売りのどちらかでしょう。


■私の行動・判断

・640の買い玉をホールド中


■本日の方針

週末でもあり、どちらかにポジションが傾く可能性があります。

どちらかというと売り方が下に押し込めていませんので、

上値トライする確率のほうがやや高そうです。
(※基本はレンジ継続とみたほうが無難)


ただし、少し動いたら上には別のレジスタンスゾーンが控えています。

やはり2時間足のイメージチャートサポートゾーン下限で

買いをしてホールドしているのが無難でしょうね。


オーバーナイト(ポジションの持ち越し)は、

慣れないとメンタル的に疲れるとは思いますが、

値動きが低下してスローになったら、

「デイトレだから必ず日中に手仕舞いする」

という決め事を厳守するとトレードが逆に難しくなります。


それでもなお対応力を高めたければ、

***のサポート&レジスタンスを強く見て売買をすれば良いでしょう。

止まったら即仕掛けて、逆ゾーンまでに利食いですね。


↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
 皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
 クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング