おはようございます。


昨日は、いつも通りというか、

結局アメリカ親分の連休明けの動向待ちでしたね。

チャート的には、日足の高値切り下がりが

意識されて目先天井となりました。


日足レンジ相場では、上限下限からの逆張りが有効です。

ただ、今回のレンジは上下のヒゲも長いですし、

時間経過とともに高値が切り下がり、安値が切り上がるので、

反転ポイントを特定しにくい部分もあります。

どちらにしても「日足上ヒゲゾーンで失速」したことは事実なので、

順張りの買いはそれ相応のロスカットリスクはセットでした。


■昨日の振り返り

アメリカが始まるまでは、

2時間足のサポレジに挟まれて動きにくい状態でした。

一応のチャンスはありましたが、値幅が取れなかったり、

エントリーポイントでスベったりと難易度が高かったです。
(※30分足チャートでエントリー参照)


●30分足トレード

・ザラ場⇒ノーチャンス

・ナイト⇒(1)売り→(2)買い→(3)売り→(4)売り


■私の行動・判断

【ザラ場】

・250買いは+50円まで確定して残りは240ロスカット

【ナイト】

・(1)売り 160で売り、+15円、+30円まで確定、残りは160

・(2)買いはあっという間に上に行ったので買えず。
    上が限定的なことは明白なので無理をして追わず。

・(3)(4)の絶好の売りチャンスは私の時間外なので不参加


■本日の方針

大幅ギャップダウンスタートになりますが、

21000以下は日足下髭ゾーンです。

日足の高値切り下がり同様に、安値が切り上がった場合は、

20810手前で切り返すことになります。


分足の流れは明確に下向きですから、

ギャップダウン後にどこまで続落があるかです。

続落を狙うには、短い足で素早く対応するしかありません。

必ず止まるという保証はありませんので、

動いたら対応するという方針なら、

まずは売り、そして止まったら買いになります。

もちろん、寄り前のシナリオですからあとは現場での判断となります


↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
 皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
 クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング