おはようございます。


昨日は、日足売りトレンド中の下げ過ぎからの反発となりました。

“下げ過ぎ”⇒ 具体的には、


・25日線との乖離率が-5%弱まで達した

・*******の始点***で3回止まった(2時間足)


ですね。

ナイトは素直にローソク足と平均線を見れば分かりますよね。

「日足下落トレンド=絶対に戻り売り」ではありません。

上のレジスタンスゾーンに注意はしますが、

いったんの反転開始と判断したなら買いです。


また、いつもお伝えしていますが、

●上昇トレンドは買いだけに的を絞れば良い

●日足レンジでは売り買いアリ

●売りトレンドでは反発があるので売りだけではない


初心者にもカンタンなのは「買いだけに的を絞って良い相場」です。

【日足買いトレンド】ではジリ高傾向が強いため、

売っておけば良かったという後悔もあまりありませんので、

迷いや後悔もほとんどありません。


【日足レンジ相場】は、2時間足サポレジと

30分足トレードで対応できるので怖くありませんね。

むしろ連日売り買いのサインが出るので、

デイトレーダーにとってはカンタンで大歓迎でしょう。


問題は【日足売りトレンド】ですね(^^;)

短期間で大きく下げるので「どうにか取れないのか」という

心理的なバイアス(焦り・後悔)も強烈に働きます。


しかし、下げるプロセスを見ると

「(大きな)ギャップダウン」や「一気の急落」などで

エントリーチャンスが少なくて、

よほど前のめりでないと、実際にはそれほど取れません。

逆にそのような心理のままだと、

何とかして急落に乗りたいと思っていますから、

昨日のような目先反発のシグナルを見落とします。


もちろん、高いところを売ってホールドしていれば、

短期間で大幅利益になりますが、

その天井を当てるまでのコスト(ロスカット)を考えると、

個人投資家にはおススメできません。
(※上級者や売りで利益を上げている人は別)


以上が日足トレンド(背景)ごとの特徴と注意点です。


儲ける事と学ぶことのバランスを考えたら、

・日足上昇トレンドでは、建玉数も考慮しながら儲けに行く

・日足レンジ相場では2時間足のサポレジでデイトレ対応
 (※上下幅が広ければスイング並みの利益)

・日足下落トレンドでは、難易度を考えて、

 建玉も含めて慎重に、そして勉強に徹する。
 (※本気で儲けに行くと心が折れるし、最初はお金が減る)


これは私自身の経験だけで言っているのではなく、

13年間コーチングをしてきたなかからも確実に言えます。

是非とも参考にしてください。

今日は「トレードの本質を学ぶトレーニング方法」の

特集動画を作成しますので、楽しみにしていてください。


■私の行動・判断

【ザラ場】

・345買いで+200円まで確定して終了

【ナイト】

・上記手仕舞いのみ


■本日の方針

今日はサポートとレジスタンスゾーンの間が広がっていますので、

値動きが良くなる可能性があります。

昨日からの上昇はスパイク的(急上昇)ですから、

そのままの角度を継続するのは難しいので戻り売りには注意です。

そして、その動きは押し目買いにつながりやすいです。

1、2時間足レベルでも押したところはまた買いが入るでしょう。


↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
 皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
 クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング