おはようございます。


先週からの戻りを試す展開が継続しています。

上には各種レジスタンスがありますから、

「勢いよく上昇はしないでジリ高」という

いつものパターンになっています。

ただ、今週はメジャーSQ週ですから、

二日くらいは大きく動く可能性もあります。

いつも通り、サポレジとトレンドを見ながら、

対応していけば良いと思います。


■金曜日ザラ場の振り返り

サポートゾーンとレスタンスゾーン間のスペースは

小さかったので、引き付けてからの売り買いでした。

もちろん、小動きなので見送りという選択は悪く無いでしょう。


ダメなのが「動いてくれたら勝てる(だろう)」というトレードです。

サポレジ間の値幅が狭ければ、

その間で推移する可能性が高いとして見送りか、

やるなら引き付けてからの早めの仕掛けとなります。

大きな値動きが前提の仕掛けは、

丸坊主(一度も利食いが出来ない)のリスクを伴います。

また、2時間足は上昇チャネルを形成していましたので、

買い優勢とみるのが無難だったでしょう。


■金曜日ナイトの振り返り

ナイトは米国雇用統計待ちでした。

「雇用統計の時はどう対処したらいいですか。」

という質問に対しての回答は、

「わざわざやらなくてもいいでしょう。」

ですね。(^^;)

理由は、不確定要素が大きく、値動きも上下にブレる可能性があるからです。

ただし、昨今のような小動き相場なら、

ちょうどいい調整になることもあります。

なので、負けた時だけ「どうして負けたのだろう」と考えこんだり、

反省しないという条件付きであれば、、

いつも通りの参加ポイントで参加しても良いと思います。


チャートリーディングをやり込んでくると、

雇用統計のことなどつい忘れて、

夢中になってチャート通りトレードをしてしまうこともあります。

普段のトレードでも勝てているはずですから、

雇用統計発表でトリッキーな値動きに遭遇して負けても、

単なる負けの1回と割り切ることが出来るでしょう。


以上を前提にさらにアドバイスをするとすれば、

『雇用統計発表の前後15分~30分は安全を考慮して見送りが無難』

でしょうね。


■私の行動・判断

【ザラ場】

・855買い、+30円まで確定、残りは835まで確定

【ナイト】

・『雇用統計=見送り』と長年言い続けてきたので、

 やらない習慣が身に付いてしまった。(^^;)

 DT(ディープテクニカル)導入によって、

 トレードの精度が飛躍的にアップしたので、

 過去の習慣にあまり捕らわれないことも重要と思った。

 (※もちろん、やらないことは悪ではない。
   ただ過去の習慣に捕らわれていては進歩もない)


■本日の方針

下押しが先なら買いチャンスあり、

上が先なら売りチャンスありと見ていいでしょう。

寄り付き前はこれくらいですね。

あとは現場で都度判断です。


↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
 皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
 クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

20190610.jpg