おはようございます。


これから解説するのは、日足、2時間、30分足レベルです。

⇒「売りは無かった」

という内容ですが、これが短い時間枠であれば、

売り買いアリになるので、時間枠の違いに注意してください。

短い足は難易度がアップするので、

興味のある方は、長い時間軸で勉強をしてから、

各自で応用してください。

================================

連日お伝えしていますが、

「サポレジだけで売り買いの判断をしないこと」が重要です。

「日足レジスタンスが上にあるから買えない。」

これは安全性の問題です。

取れないことを我慢すればいいだけですから悪い判断とは言えません。


ダメなのは、

「日足レジスタンスが重なっているから、もう売りでいいだろう。」

というものです。

アメリカ親分が堅調なので、買いのスイングは(偶然も含め)

上手くいくことはありますが「売り」はそう簡単ではありません。


「日足レジスタンスが重なっているから、売りサインに注意しなきゃ。」

というのもダメですね。(^^;)

もう売りの事で頭が一杯です。

まずは冷静に客観的な事実をチャートで確認しましょう。


【 具体的なチェックポイント 】


1、ザラ場では日足右下がりトレンドライン上抜けトライ中であったが、

  2時間足レベルで明確な売りの意思表明は無かった。
  (※やるなら買いとボードと動画で解説済み)


2、結果、日足右下がりトレンドラインを陽線終値で上抜けした。

  この時点で【買いの強さ】を認識すること。


以上の2点だけでも、売りはありませんでした。


さらに精査するならば、

3、**********は明確に上向き

4、売りの****(****の連続、****で上髭陰線など)は確認できなかった。

5、720から600の下げは、2時間足の新値では1本(真の安値更新は1回)だった。
  (※この点は朝の動画で補足)


ここまでチェック出来ていれば、選択肢は2つです。


1、日足レンジスタンスゾーン付近なので「買いは見送り」。

  売りもサインを無理に探してまでエントリーしない。


2、日足レジスタンスが気にはなるが、下げ止まり確認から買いトライ


のどちらかでした。


■私の判断と行動

・買いは見送りとしました。


■本日の方針

「デイトレ」的には、高いところでは、

売って取れるような動きがあるかもしれません。

デイトレよりも大きな時間枠に関しては、しっかりと見極めたいところです。

天井圏、高値圏の「売り」に関しては、単純に

「難しいからあまり前のめりにならない」と覚えておくといいでしょう。

まずは安全優先です。


売りで大きな値幅を取りたいからと、値位置だけを見て売っても、

本格下落するまでに何度もロスカットを食らって、

下手をすると肝心な本格下げのときに乗れなかったりします。


売りでも「良いセットアップ」が出現することが時々あります。

その時だけはトライすればいいと思います。

実際には下げ始めで乗れずとも、下落トレンド確認後の途中参加でも、

200~500円くらい取れることも多いので、とにかく天井を当てにいかない事です。


さらに言えば、

「大きく下げた後には、スイングの買いがある」

と思えばいいでしょう。

↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
 皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
 クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング