おはようございます。


昨日のボードのコメント通りの展開でした。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

==============================

昨日の安値19960が当面の安値になる可能性が出てきました。

当面は昨日の安値19960と、

これから形成される高値とのレンジになる可能性が高いです。

ボラティリティ(値動き)が増大したので、

デイトレ的なチャンスは増えてくるでしょう。

===============================


要は「レンジに移行」ということです。

レンジに移行、の意味するところは、

反転系のトレードが有効になるということですね。
*値幅(ボラ)が大きいので、短い足ではその間が順張りトレードになる


短期間に大幅下落して、週足下げ止まりポイントで

キッチリ買いが入りましたので、

追加の悪材料が無い限りは続落の可能性は低いと見るべきです。

そして、高いところでは戻り売りが待っていますから、

結局「大きな値幅のレンジ調整」になりやすいです。


この理屈はどの時間枠でも同じです。

(~中略~)

サポートとレジスタンスの間が広くなり100円くらいはサッと取れます。

注意事項は「どの時間枠でも的確に利食いをすること」ですね。

レンジにおいては、様々なサポレジをテストする動きが生じるので、

ホールド予定でもスグに仕掛け値まで戻ってきてしまいます。

(~以下省略)。


■昨日の振り返り

各種時間枠で売り買いサインともに決まっています。

全ては解説できませんので、大きめな時間枠の解説のみとします。

ザラ場は売りの流れかから反転となりました。

売りに関しては、30分、2時間足レジスタンスからの売りが可能でした。

後場も19960⇒20650の半値押し水準手前まで下げて、

ナイト****しているので****で買いが可能です。
(※****ルールを採用することも可能だが、単に****というシンプルな判定で良い)

ナイトは2時間足のレジスタンスゾーン****からの下落となりました。

********売りがシンプルでした。

もちろん、30分足を使ってもいいでしょう。

ナイト後半では、19960⇒20650の半値押し以下まで

下げてから切り上がりましたので買うことも可能でした。

チャート的にはかなり美しいパターンでしたね(^^


■私の行動判断

・ザラ場は415で二回目の売りをして+60円まで確定、

 残りは410抜けで手仕舞い。

・後場の反転は休憩タイムなのでエントリー無し。

 監視をしていたら買っていた。

・ナイトは2時間足レジスタンスからの反転を売り

 585で売って+200円まで確定して終了。


■本日の方針

週足サポートゾーンで強く買われて、再度安値をテスト。

切り上がりが確認できました。

これで19960が当面の安値になったと見ていいでしょう。

突っ込み買いを心待ちにしていた方は、残念ですがしばらく忘れましょう。


値動きがいいので、寄り付き前に予測してもあまり意味がありません。

今日も寄り付きのギャップに注意しながら、

2時間足のレジスタンスゾーンがそのまま効いてくるのか、

あるいはサポートに変化するのかなどを見極める必要がありますね。

値動きの増大に伴ってダマしも増えてきますので、

焦って飛び乗ることはしないように注意しましょう。


↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
 皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
 クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング