おはようございます。


昨日はお伝えした通り上トライ⇒ブレイク成功でしたね。

その判断の理由とここまでの流れをシンプルにまとめてみます。


1、週足サポートゾーン、25日線乖離率-6.6%から強い買いが入る


2、再度安値を試すも買いが入って安値が切り上がる(****を見ると分かる)


3、以上から、もう安値更新は想定しない(※追加の悪材料が出たら諦める)


4、2時間足以上でレンジ形成なので逆張りイメージだが、

  レンジは永遠に続かない⇒「ノックは3度まで」


5、安値切り上がり(的確に買われている)ことから、

  上抜け想定で挑む⇒よって「売りは無し」


こんな感じです。


これが、トレードの土台となります。

チャートを読み解くという言い方もします。

サインを見つけるだけでなく、チャートを丁寧に分析するのです。

すると、昨日のように明確に的が絞れる時もあります。

ですから、昨日もボードに買いのサインに具体的に言及しました。


■昨日の振り返り

ボードでお伝えした後に、30分足の買いサインが発動しましたね。

****からの下ヒゲ********買いです。

とても分かりやすかったと思います。


ただ、ちょっと応用問題に変化しましたね。(^^;)

エントリーした後に、30分足が横並びになって米国開始待ちになったことです。

このようなときは、小さなロスカットでは100%降ろされて、

その後に本格上昇となります。

昨日の場合は、2時間足の「520-590」レジスタンスゾーンで推移していたので、

「もしかしたら、再度レジスタンスが有効になって下落するかも。」

と不安になるかもしれません。それはある意味正しい分析とも言えます。

ただし、前述の買い有利イメージ&ホールド重視であれば、

ザラ場の買いは430逆指値です。


仮に、いったん降りたとしても、

**:00の30分****抜け買いか、**:00の買いのどちらかで再度買えばいいでしょう。


■私の行動判断

・ザラ場に585買いをして+40円まで確定。

 残りはナイトの550割れでロスカット。
 (※30分右上がりトレンドライン割れ、30分20本線割れ)

・その後、575で買いをして+200円まで確定。

 今日の新規買いは厳しいと見ていたので残りホールド対応。


■本日の方針

安いところがあれば、買いをしてもデイトレチャンスはあるでしょう。

上は日足下落幅の半値戻しや、

日足レジスタンス、2時間足レジスタンスがあります。

週末を考慮すると、買いの利食いも出やすいでしょうから、

高いところの買いには反応しない予定です。

逆に高いところで売りサインが出れば売り検討をしても良いくらいです。


「昨日はレンジ警戒で買えなかったので、今日こそは!」

という方は注意しましょうね。(^^;)

(~以下省略)。

↓それぞれ1日1回づつの応援クリックお願いします。
 皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
 クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

20190809.jpg