おはようございます。トレードコーチの金子です。


さて、寄り付き前のメンバー向け<フォローアップボード>では以下のとおり。

※注1:有料サイト内では伏字などはありません
※注2:文中の「赤丸」とは解説用チャートの売買ポイントの番号

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おはようございます。


【ザラ場~ナイト】

================================
2020年6月30日 9時27分46秒

・日足高値切り下がり、2時間足右下がりのトレンドライン****

           VS

・30分足上方チャネル継続の流れ

================================


ボードに記載した通りの展開でしたね。


具体的に行動に反映させるなら、

・買いは高いところを追わない、押し目と良いシグナルを待つ

・売りは「****を開始して****になってから検討」

でした。

ザラ場の動画で詳細に解説したのでイメージはできたと思います。


赤丸2番までチャンスを待っても、上のゾーンまでと考えると見送り。

青丸1番は***推移中でイマイチ、青丸3番は引け際でした。

全てのポイントが難しい状態でした。


すぐにローソク足**********ことが多く、これは膠着状態を示すものです。

2時間足を見てみると、その膠着感がハッキリわかりますね。
(※今朝の図解チャート参照)


さらに、日足の視点からも、


・レンジ長期化の高値切り下がり、安値切り上がり

 ⇒一般的には「三角保ち合い」と呼ぶ


になっています。



■私の判断・行動


・ザラ場:ノートレード


・ナイト:青4番の売り

     米国指標や安値切り上がりの可能性も気になったが実行

     ⇒+50、残りは320抜けでロスカット

・スイング、ホールド系

 660売りの残りは同値逆指値でホールド中



■本日の方針


テクニカル的には、

・日足レンジ継続で高値切り下がり、安値切り上がり


さらに材料を控えて動きにくい状態です。

このようなときは無理をしないことが一番です。


イメージとしては、十分に引き付けたところから、

スペースを見ながらの逆張りです。


確定幅にも注意が必要です。

確定幅を小さくしてエントリーを検討するか、

スペースが今一つ見えないところではやらないか


そこは各自のリスク判断で良いでしょう。

--------------------------------------------------
(※参考:今週の材料)

7/1 8:50 日銀短観

7/1 1:30 パウエル議長 米下院金融サービス委員会で証言

7/1 21:15 ADP雇用報告

7/2 21:30 米国雇用統計
---------------------------------------------------


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


↓それぞれ1日1回ずつの応援クリックお願いします。
  皆様のワンクリックが無料動画作成の原動力です。
  クリックによる料金発生は一切ありません。人気投票ですからご安心下さい。



にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へにほんブログ村



人気ブログランキングへ人気ブログランキング